女性が平等と福利厚生を受けられる企業とは

男女平等がうたわれるようになって久しい今日においても、職場における不平等はなかなかなくならない傾向にあります。欧米においてはそういった男女の不平等さがほとんど見られなくなっている国も多く、日本においてはコンセプトが先走っていて、現実がまだ反映の途中であると言えるでしょう。

しかし、企業によっては男女平等参画を体現していることもあります。概してそういった企業では、実力主義がはっきりと見えている業界であり、ITベンチャー企業においてはその傾向が強く現れています。もともとアメリカでのITベンチャーの成功をビジネスモデルにして企業を立ち上げているケースも多いことから、必然的に男女の立場という視点をなくしていることが多いのです。

むしろ、アメリカのように女性に対する福利厚生が男性に対するよりも充実しているほどの企業すらあります。福利厚生を充実させることは社員の士気をあげることにつながるという指針を忠実に体現しているのです。

そういった方針は大企業においても徐々に反映されつつあります。しかし、実際には保守的な考えをもつ人も運営陣の中にいることも多く、もともとあるシステムを一挙に抜本的に変更できずにいるところも多いのです。現状として女性が男性と対等な立場で仕事に従事し、女性に必要な福利厚生を充実した形で受けていくためには、ベンチャー企業に目を向けた方が良い企業を発見できる可能性が高いと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です